NO.008 現状を把握することが大切です。

私たちは、
「現状を把握」していただくために
「証券診断」が大切だと考えています。

現状を把握するってどういうこと?

「今はガンで通院治療することが多いみたいだけど、私の保険は通院保険、ついてたっけ。」
「病気やケガで仕事ができなくなったら、家族をどうやって養っていけばいいんだろう…」
「万一のとき、残された家族のために生活費や教育費を準備したいけど、どのくらいで考えたらいいのかわからないな。」
「老後の生活をより充実させるためには公的年金に加えて、個人で年金を備えた方いいのかな。年をとると病気のリスクも高くなるし、そうなったときにできるだけ貯蓄を取り崩したくないんよ。」

あなたにとってのお困りごとは何ですか?
30代、50代、60代以降とでは、家族構成も、病気のリスクも万が一の時に必要なお金も、当然違ってきます。

問題は、あなたが現在困っていることと、あなたが入っている保険の内容がつりあっているかどうか なんです。

今必要とする保障は何なのか、困ってるのか困ってないのか。

だから、証券診断 なんです。

証券診断をして、現状が分かれば、問題点も見えてきます。
不安がなければOK!不安があれば解決策を一緒に考えましょう!
保険屋さん軸ではなく、自分軸で保険を考えると、
“なんとなく”支払っている保険料が「生きた保険料」になってきます。

「生きた保険料」とは
あなたが、”誰のためにこの保険に加入したのか””どのくらいの期間いくら必要だからこの内容を選んだのか”が分かっており、「ムダなお金ではなく、必要なお金だ」と納得して払う保険料のことです。
ほけんハウスでは、
延べヒアリング数1000人以上、ファイナンシャルプランナーの資格を持つスタッフが診断します。3年から5年に一度は、証券で現状を確認・把握することをおすすめしております。
お気軽にご相談ください。

証券診断のお問い合わせはこちら
TEL:0895-65-9310
メール:hoken@toyohouse.co.jp